金澤民家カフェ あめん堂

心機一転。

DSC00562

はじめまして、こんにちは!ご閲覧ありがとうございます。
ひょんなことからご縁があり、「金沢のしるこや」をこれから4人家族で頑張っていくことになりました。
私達家族は父・母・姉・弟とおりまして、ブログを担当致しますのは姉でございます。これからどうぞ宜しくお願い致します。

現在は3月20日のオープンに向けて様々なことをお勉強させて頂いています。1ヶ月ほど前にこのお話を頂いてから、あっという間にオープンまで1週間になってしまいました。姉妹店である「峠のしるこや」の店主さまご夫妻も関東の方からしょっちゅうこちらに来てくださって様々なアドバイスをしてくださいます。とっても感謝ですし、心強いです♪残り1週間、準備頑張ります!

さて、私は本日お花のお稽古だったのですが、頂いた花材に「ミモザ」がありました。ふわふわの黄色い綿毛のようなお花で、春の喜びを感じますね。ミモザの花言葉は「豊かな感受性」「友情」「真実の愛」・・・などなどたくさんありますが、その中に「神秘」という言葉があります。辞書で「神秘」を引きますと、人間の知恵では計り知れない不思議なこと、とあります。私達としるこやの出会いはこの言葉のように、本当に不思議なものでした(書き始めると大変長い話ですのでそこは端折りますが)。人生、本当に何があるかわからないですよ!!

これからの金沢は気温の急上昇・急降下を繰り返しながらどんどん春に向かっていきます。兼六園では紅白の梅が見頃を迎え、今日は春一番が吹きました。しかし、春になって桜が咲いてもなんだかちょっと寒いのが北陸スタイルです。お花見でちょっと寒くなったら、新しくなったしるこやにぜひ温まりに来てくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。